【気象予報士対象】7/15 天気図解析基礎講習会~大気の可視化から気象シナリオの作成まで~

現在、応募を受け付けていません。

天気予報におけるシナリオ(scenario)とは“天気の台本”のようなものです。
本講習会では、天気図解析を通して、天気がどのように変化していくのか筋道を考え、まとめることが出来るようになるための基礎を学びます。

■会場
〒1070052
東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon 5F
株式会社ウェザーマップ
●講習会の概要

1.実況解析

地上天気図、雲画像、高層天気図、アメダス、気象レーダ等を用いて、今なにが起こっているのか、把握する方法を学びます。
今後の天気を予想するうえで必要な視点(ポイント)を見つけ、優先順位をつける作業を行います。

2.実況解析で必要とされる知識

梅雨時の集中豪雨の仕組み、梅雨明けとは、台風情報の見方など、当日の天気状況に応じた内容を取り上げます。

3.天気図の解析

実況解析で見つけたポイント(現象)を発展させます。
今後、注目した現象がどのように変化していくのか、天気図に色を塗ることで可視化していきます。

4.気象シナリオの作成

過去から未来までの気象現象を時系列に整理していきます。
気象庁の予報文を元に、気象シナリオを作成します。

5.気象シナリオの検討

作成した気象シナリオを意見交換も交えながら検討していきます。


講師

片山由紀子

民放キー局で、異常気象の解説から天気予報の原稿まで幅広く天気情報を担当する。一日一日、天気の出来事を書き留めた天気ノートは102冊になる。365日の天気の足あとから見えるもの、日常の天気から世界の気象情報まで、天気を知って、活用する楽しみを伝えたい。著作に『わたしたちも受験生だった 気象予報士この仕事で生きていく』(遊タイム出版/共著)など。

受講対象者

気象予報士有資格者(必須)
※天気図解析の基本的なスキルを身に着けたい方

定員

<20名>
定員になり次第、締め切りとさせていただきます。

開催日時

7月15日(月・祝)海の日
13:00~16:30

受講料 

9,720円(税込)

振込先

みずほ銀行 丸之内支店 (普)2045791 株式会社ウェザーマップ

※振込時のお願い※

必ず受講者名義で指定口座まで入金ください。また、振込依頼人名の末尾に50をつけてお振込みいただきますようお願いいたします。例)ウエザ タロウ50

※着金確認のご連絡はお控えください。不備があった場合のみご連絡差し上げます。

※振込手数料はご本人負担となります。

申込み・入金期限

7月1日(月)

※入金をもってお申込み完了とさせていただきます。入金後のキャンセルはお受けできません。

※本講習会に関する事前資料はありません。資料請求ボタンを押しても資料の郵送はございませんので、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

当日の持ち物

・筆記用具
・色鉛筆(赤、青、緑、紫、茶、オレンジ、黄)


会場地図