【通学・5月24日】中上級講座実技コース

実技の勉強をした方が、合格をより確実にするための、模擬試験を主体とした講座です。2~3か月間、クリア教室に通学して受講するコースです。

【注意事項】
※前回の受講内容と同一のため、再度お申込みいただく方はご注意ください。
※再受講の方は個別に申告いただければ、割引料金をご案内させていただきます。申告がない場合は割引価格が適用できない場合がございますので、ご注意ください。

■会場
〒1070052
東京都港区赤坂5-4-9いちご赤坂5丁目ビル2階
ウェザーマップ・クリア教室(東京・赤坂)
●講座スケジュール(以下のPDFファイルを参照)
●講座の特長

1.模擬試験と解説の組み合わせ

講義の前半は、本試験と同じ75分で模擬試験を解き、後半は講師がその解説を行います。

2.本試験を見据えた出題内容

模擬試験は、最近の出題傾向に合わせて、随時修正を加えた当社オリジナルの問題です。

3.後半の解説で実戦力アップ

ベテラン講師陣が問題を丁寧に解説、指導しますので、実践力がつきます。

4.振替受講制度

講義を欠席しても、金曜日の講義と土曜日の講義とで振替受講することができます。


●講座の概要

受講対象者

気象予報士試験の学科(一般または専門)合格者、あるいは学科は不合格だが気象学を1年以上勉強した方。

受講人数

各コース15人前後

講義スケジュール

期間:2019年5月24日~2019年7月27日(全10回)
時間:<金曜夜クラス>19:00~21:40(休憩10分)
   <土曜昼クラス>18:00~20:40(休憩10分)
※どちらかのクラスに週に一度ご参加いただけます。振替は自由です。

持ち物

・筆記用具
・ノート(任意)
※教材は当日配布となります。

受講料

97,200円(消費税込)
お申込み時より1週間以内にお振込みをお願いいたします。
入学金はいただきません。授業料は分割納入可能です。分割ご希望の方は下記スケジュール通りお振込みください。また、ご入金の遅延が発覚した場合、ご受講をお断りすることがございます。

第一回納入:32,400円 お申込みから1週間以内

第二回納入:32,400円 2019年5月28日まで

第三回納入:32,400円 2019年6月28日まで

振込先

みずほ銀行 丸之内支店 (普)2045791 株式会社ウェザーマップ

※振込時のお願い※

お申込み講座毎に振込依頼人名(必ず受講者名義)の末尾に下記の番号を追加した上で、送金いただきますようご協力願います。番号が漏れていた場合には、入金の確認が遅れる場合がございますので、ご注意ください。

中上級講座 14


●よくある質問 お問い合わせ前に、必ずご確認をお願いいたします。
●お申込みは画面下部の 受講を申込む よりお願いいたします。

お申込を希望される方は、「特定商取引法等による受講規約」の内容をよくお読みになり、ご理解いただいたうえでお申込みくださいますよう、お願いいたします。その後、お振込み手続きをしていただくことで、手続き完了となりますので、当日教室までお越しください。

●特定商取引法等による受講規約

甲(株式会社ウェザーマップ)の主催する講座に関し、乙(受講生)は、以下の通り、規約に同意して受講契約を締結するものとする。

第1条(受講料納入)

乙は甲に対して、パンフレットや講座案内等(電子媒体を含む)に記載された受講料を納入しなければ本講義の受講ができない。受講料を分割で納入する場合は、乙が中途解約を申し出ていないときは、全体の受講料に対して既に納入された割合までしか乙が受講する権利は発生しない。

第2条(迷惑行為等)

1.乙が他の受講生の迷惑となる行為を行なったたり、故意に甲に対して損害を与えた場合には、甲は乙に退学を命じ、さらに損害の賠償を請求できる。
2.本講座に関連して、乙と他の受講生、あるいはその他の第三者との間で紛争が生じた場合、乙は自己の責任においてこれを解決すると共に、甲に生じた一切の損害を補償するものとする。

第3条(災害時の免責)

地震・台風等の自然現象や、甲の入居していない建物もしくは甲の入居している建物の他の階などからの出火・爆発など、甲の責任のない原因で乙が被害を受けた場合、甲は応急処置等の緊急対応はするもその責は負わない。

第4条(講義の提供)

1.次の各号に該当し、且つ、甲が講義の提供ができないと判断した場合、甲は講義を休講できる。
一 地震・台風等の自然災害等があった場合、
二 講師の事故・急病、WEB上のシステム障害
三 その他やむを得ない事情があった場合
2.前項に定める休講が甲の責に帰すべき事由による場合、甲はできる限り補講を行う。

第5条(クーリングオフ)

1.乙は、申込みをした日を含む8日間は、申込みの撤回(クーリングオフ)ができる。
この期間内であれば、すでに甲が講義を行っていても、乙は申込みを撤回できる。
通学を必要としない講座に関しては、本来はクーリングオフの対象とならないが、甲の独自の規定として、申込をした日を含む8日間は、申込を撤回できるものとする。
2.クーリングオフを申し出た期日は、乙が申込み撤回の意思表示を発信した郵便消印日付とする。
3.クーリングオフが成立した場合、甲は受領した受講料と教材費を乙に返還し、乙は送料を負担の上、受領した教材を甲に返還しなければならない。但し、教材が破損・書込み等で再使用できないと甲が判断する場合は、乙は教材を甲に返還する必要はなく、甲は教材費を乙に返還しない。

第6条(通学を必要とする講座に関しての中途解約)

(総合講座DVD&通学コースの通学部分である、8回の講義に相当する8万円及び消費税も対象となる。)
1.クーリングオフ期間終了後は、受講者は以下の損害賠償額を当スクールに支払い、中途解約ができる。
2.当スクールの講義開始前は、総合講座10か月通学コース、総合講座DVD&通学コース、中・上級講座実技コースについては、(DVD又はWEB上での音声付映像と、通学講義とを併用する講座では、税抜きで8万円に相当する8回の通学講義分も本条の対象となる。)
1.クーリングオフ期間終了後は、乙は以下の損害賠償額を甲に支払い、中途解約ができる。
2.甲の講義開始前は、総合講座10か月通学コース、DVD又はWEB上での音声付映像と、通学講義とを併用する講座、中・上級講座実技コースについては、乙は損害賠償額として1万5千円及び消費税を支払う。他の通学を必要とする講座に関しては、乙は甲に対して損害賠償を要しない。
3.甲の講義開始後は、乙からの解約申出日以降の受講料の20%(上限5万円及び消費税)と、解約申出日より前の受講料全額との合算額を、乙は損害賠償額として支払う。
解約申出日より前と以降それぞれの受講料の計算は、通学講義全体の講義回数に対しての講義実施割合をもとに算出する。それまでの出席の有無は問わない。

第7条(通学を必要としない講座に関しての中途解約)

1.クーリングオフ期間終了後は、乙は中途解約をすることができない。 
2.DVD又はWEB上での音声付映像と、通学講義とを併用する講座では、税抜きで10万円に相当するDVD又はWEB上での音声付映像16回分の講義も中途解約できない。
3、通学講義が同時中継されたものをWEB上で同時に視聴する講座は、例外的に通学を必要とする講座と同様だとみなし、第6条の規定を準用して、中途解約できる。 

第8条(通学を必要としない講座の諸規定)

1.乙は受講申込後1年以内は、教材に添付された質問カードを使用して質問ができる。
2.受講料が分割納入の場合は、甲は着金確認後、全体の受講料に対して、その納入割合に対応する教材のみを、発送またはWEB上で提供する。

第9条(教材について)

テキスト、レジメ、DVDやWEB上の音声付映像等の教材に関して、乙による無断複製、第三者への貸与・転売・譲渡は、著作権法により処罰及び損害賠償の対象となる。


●お申込みは画面下部の 受講を申し込む よりお願いいたします。

お申込を希望される方は、「特定商取引法等による受講規約」の内容をよくお読みになり、ご理解いただいたうえでお申込みくださいますよう、お願いいたします。
その後、お振込み手続きをしていただくことで、手続き完了となりますので、当日教室までお越しください。